えんぴつの持ち方が成績に影響

お子さんの鉛筆の持ち方は正しいですか?

鉛筆の持ち方と成績には関係があると言われています。

例えば、文字を書くとき、正しい持ち方であれば、ペン先は必ず両目で見える状態にあります。ところが鉛筆が立った持ち方であったり、親指が人差し指を押さえるような持ち方だと書いている時のペン先が確認できません。

そんな子は、首を左に傾けて斜めから覗き込むように書いています。もしかしたら両目ではなく、左目だけで文字をみている状態かもしれません。

このような状態で勉強することは、身体的に疲れやすいので集中力が切れやすいだけでなく、脳も余計な処理が必要になり疲れやすくなることが考えられます。

算数や数学では、ノートの罫線から外れて斜めにずれて行くような書き方をする子もペン先が見えないから、罫線内に書けないこともあるようです。そんな子は、ノートを斜めにして罫線が見えやすくしている。

そうえいば、ノートを斜めにして書いている生徒がいます。

こんな風にならないように文字を書き始める小学生低学年の内に直してあげましょう。

この春に入塾した小学2年生の男の子も少しだけ持ち方が違っていました。
そのため、写真にある「正しい持ち方ができるグリップ」で正しい形を覚えてもらいました。
そして3回目の授業の時には、グリップがなくても正しい持ち方を身につけていました。

素直な内に教えてあげましょう!!

えんぴつと箸の持ち方は、人と接するときに見られるところなので、
大人になって変な持ち方をして笑われないように。

コメントを残す