算数の文章題に挑戦

少し先取り学習をしている小学5年生の生徒が、今日挑戦した文章題の一つです。

教科書では、小学6年生の「文字と式」に対応するものですが、
難易度の高い問題です。

*******************************************
【問題】
それぞれ1人40円ずつx人からお金を集めて、
1本25円のえん筆を15本買うと、y円残りました。
105円残ったとき、お金を集めた人数を求めなさい。*******************************************

中学生ならば、x、yを使った等式を作り、
一次方程式の解法(移項)を使って容易に解くことができると思います。

では、小学生は、どういう手順で答えを導くのでしょう?

 

この問題を解くために必要な力は…..

・問題文を正しく理解する力

・問題文を文字を含む式に表す力

・文字(□記号)を含む式を解く力

・四則演算の計算力

 

これらの力は、一朝一夕に身に着けることはできません。

基本からステップを踏んで一段一段レベルアップした結果、できるようになりました。

パソコン教材を使っていますが、
計算手順を丁寧にノートに書かないと答えまでたどり着くことはできません。

 

時間をかけてじっくりと学習できるのは、小学生のとき、そして夏休みだけです。

この夏休みにスタートしませんか?

 

ちなみに小学6年生の教科書にある問題はこれです。

*******************************************
次の場面を式に表しましょう。
 20円のあめとx円のジュースを買います。
 代金はy円です。
*******************************************

そのため、6年生で入塾した生徒にとって最初の問題はかなり難しいようです。

 

【解答】12人

コメントを残す