最適な睡眠時間を睡眠メカニズムから考える

睡眠に関する話題をもう一つ。

 

睡魔に苦しむ生徒…..

そんな生徒と眠気覚ましの会話で話すことの一つ。

「睡眠時間は、90分単位で計算し、起きる時間から逆算して寝るようにしよう!」

 

睡眠には、ノンレム睡眠(深い眠り)レム睡眠(浅い眠り)とがあり、
約90分を1セットに繰り返されている。

レム睡眠(浅い眠り)のタイミングで起きると気持ちよく起きることができる。

逆にノンレム睡眠(深い眠り)のタイミングで起きると寝起きが悪いので、寝不足を感じる。

 

90分単位ってことは、

1.5時間、3時間、4.5時間、6時間、7.5時間、9時間。

 

眠りについて15~30分で深い眠りに落ちる。

だから軽い仮眠は、15分以内。

時間があり横になって仮眠するなら1.5時間

普通に寝るなら7.5時間が理想。

※「睡眠負債」について研究している人の話では、7時間程度が基準らしい。

テスト勉強で睡眠時間を削る場合でも6時間は寝よう。

 

7時に起きるなら23時半には寝るようにする。

全て起きる時間を基準に逆算して寝る時間を決め、それに向かって行動する。

 

睡眠中には、記憶の整理、定着作業が行われているので、
睡眠も勉強の一部であることも忘れないようにしよう。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-
個別学習のセルモ 出雲枝大津教室
TEL:0853-27-9667
http://www.school-izumo.com
-*-*-*-*-*-*-*-*-

コメントを残す