小学生の授業の進め方

夏休みが3分の1終わりました。

お子さんの夏休みの宿題は、順調に片付いていますか?

 

今回は、小学生の授業をどのように進めているかをご紹介します。

入塾した最初は、教科書で学習しているところを中心に進めて行きます。

学習理解度によっては、学年を1年、2年と遡って学習し直すこともあります。

一人ひとりに対応した個別学習だからこそ出来る進め方です。

 

生徒一人ひとりのペースで理解できてから次に進みます。

週1回の学習頻度だと学校の授業と同じぐらいのペースで進んでいきます。

学校の授業が進まなくなる春・夏・冬休みの授業で少しずつ先取りできます。

 

特に夏期講習期間中に受講回数を増やすと相当数の先取りができます。

小学生は、定期テストや学力テストにしばられることがないので、

難しい内容は時間をかけてじっくり学習することができます。

 

小学生の場合、目標や学習の成果が曖昧になりがちなので

算数検定漢字検定英語検定などの合格を目標にする生徒もいます。

当塾としては、小学生の算数検定受験をお勧めしています。

※算数検定と漢字検定は、当教室でも受験できます。

 

 

授業の進め方は、入塾する時期によって異なります。

時間のある夏休みは、復習や弱点克服を中心に基礎力アップをした上で先取りへと進めます。

小学6年生の夏休みに入塾した生徒の場合

【算数】

 夏休み

6年生1学期までの復習~2学期以降の先取り学習

学習状況をチェックしながら、必要に応じて4年生ぐらいまで遡って復習することもあり。

 年明け以降・・・中学レベルへステップアップ

中学の数学の基礎となる単元の復習

中学1年生の先取り学習

 

【英語】 <4、5年生から中学につながる英文法の学習が可能です>

be動詞の現在形の文法学習からスタート

 

 

小学4年生で入塾した生徒の学習状況

【現在 小学6年生】 通常授業:週2日(数学・英語&英会話) 夏休み:ほぼ毎日

 数学:中学1年生の3学期相当(空間図形の計量を学習中)

中学1年生の課題が終わったら、2周目の学習をしてから2年生の連立方程式へ

 英語:中学1年生の3学期相当(現在進行形を学習中)

 

【現在 小学5年生】  通常授業 週2日(算数+α)   夏休み:ほぼ毎日ちょっとずつ

 算数:小学6年生の1学期相当(立体の体積を学習中)

 英語:be動詞現在形の文を始めたところ

   その他:4月実施の出雲市学力テストの苦手単元の復習。

 

4年生で入塾すると5年生で1年程度6年生で1年半程度を先取りしている状況です。

中学に入学した時点で英語と数学で十分なアドバンテージを有することになります。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-
個別学習のセルモ 出雲枝大津教室
TEL:0853-27-9667
http://www.school-izumo.com
-*-*-*-*-*-*-*-*-

コメントを残す