不登校児童・生徒に対する鳥取県の取り組み

 

鳥取県は、不登校児童生徒の自宅学習をITCを使って遠隔支援する取り組みを今秋にスタート。

使用される教材は、当教室でも採用している「すらら」。

インターネットを接続できる環境であれば、どこでも好きな時に学習できます。

アニメーションを使った対話形式の学習スタイルが、勉強を始める際のハードルを下げてくれます。

 

鳥取県は、元教員がインターネットを介して学習をサポートする形で不登校の児童生徒に提供する模様。

さまざまな理由により、年々、増加する不登校の子どもをサポートする一つの方法になることを期待。