学校説明会 ~開星中学校・高等学校~

塾向けの学校説明会で松江の開星中学校・高等学校へ行ってきました。

・2020年に向けて、2020年からの学校改革について

・21年からの松江の普通科・公立高校の学区がなくなることについて

・2年目を迎えた中高一貫コースの状況について

・来年度の高校入試について

・・・

こんなテーマでお話がありました。

 

松江市の公立小中学校で「小中一貫教育」が行われていることを始めて知りました。

→調べてみると一般的に想像される高校・大学などの受験に向けた進学を念頭に置いた一貫教育ではなく。

小学校と中学校で一緒に何かをやりましょう。交流する機会を作りましょう。という内容のようです。

 

 

出雲市にある当塾としては、直接の影響はないのかな?というところですが、

開星高校の昨今の方針変更により、

私立高校における公立高校受験の滑り止めの選択肢としての位置づけが変わるかもしれません。

高校卒業を目指すというより、大学進学を目指す高校に変わろうとしているようです。

 

説明会の後にお話しを伺ったところ

2年目を迎えた中高一貫コースの生徒は、着実にレベルアップし、模試の判定で良い結果を得ているようです。

現状、超少人数クラスでサポートを受けている状況なので、本気で国公立の難関大学や医学部を目指すには良い環境かもしれません。

「高校受験」のための時間と中学を卒業してから、高校入学するまでの時間を有効に使える点は、中高一貫の最大のメリットです。

島根では、中学受験というと島大付属だけの印象が強いですが、今後は、少し変わってくるかもしれませんね。