新型コロナ対策 2020/5/7更新

島根県でも新型コロナ感染者がでてしまったので、教室内の予防処置もワンランクアップします。

 

授業中は、基本的にパソコンに向かって無言で学習するので、

教室内では全員マスクを着用して、

パソコン・座席周りの消毒をその都度行うことにより

感染リスクは、集団授業1:2での対面授業を行っている塾と比較して低いと思いますが、

できる対策を順次行っていきます。

 

塾の臨時休校  4月26日(日)~5月6日(水)

当面休塾する生徒をのぞき、教室受講を希望する生徒の4月受講分を4月25日までに消化できる目途が立ったこと。
学習用パソコンがない家庭へにノートパソコンをレンタルすることで家庭学習可能な生徒が6割以上になったこと。

上記の施策により塾として休校する準備が整いました。

但し、オンライン受講生の学習サポートは、インターネットを介して定期的にチェックします。

 

新型コロナの追加対策   2020.4.16

追加対策④ 中学校区単位で受講曜日指定による他校との混在リスクを低減します。

現在の受講生は、大きく分けて出雲一中(大津小)と出雲三中(北陽小)の2つの校区に分けることができます。
学校単位で受講曜日を区分けすることで、万が一の際に感染が拡大するリスクを低減することが目的です。
ただし、部活動がない日や土曜日などについては、制限を設けず、保護者の判断とします。

  • 月曜日:自由
  • 火曜日:出雲一中校区(大津小、今市小)
  • 水曜日:出雲三中校区(北陽小、四絡小)
  • 木曜日:出雲一中校区(大津小、今市小)
  • 金曜日:出雲三中校区(北陽小、四絡小)
  • 土曜日:自由
★上記の施策は、緊急事態宣言解除により、実施は保留。

 


新型コロナの追加対策   2020.4.13

 

追加対策① メインで使用するパソコン席に仕切り板を設置。

<Before>
<After>

 

 

 

 

追加対策② できる限り1席あけて学習。

サブエリアも利用して、同時学習は6人となるため、新規入塾者の曜日毎の受け入れは、月曜日と木曜日を中止。

   →さらにレイアウト変更を行い。市松模様の座席配置同時学習は8人まで可能にしました。

 

追加対策③ 家庭でのリモート学習  ➡ 約6割の生徒がオンライン学習可能!(4/20時点)

一部の教材は、パソコンとインターネット接続環境があれば、塾と同様の学習を家庭できます。
今後、小中高校の臨時休校処置等で登校困難な場合に対応できるよう準備を進めて行きます。

   ★教室所有のノートパソコンを塾生にレンタルして、家庭学習環境の構築をサポート。

 


新型コロナ対策

★教室入室時に全員の実施を確認しています。
対策① 入室時のアルコール消毒

全員実施をチェックしています。

対策② 体温チェック

37.5℃以上の入室禁止
非接触の体温計を使用して額をスキャンして測定

対策③ マスクの全員着用

入室時にマスク着用を義務化
マスクがない場合は、有料配布して後日精算

★授業中・授業後の実施項目です。
対策④ 使用毎の座席のアルコール消毒

キーボード・マウス・ヘッドフォン・机上・イス
※コロナに関係なく普段から実施していることです。

対策⑤ 室内換気の実施

90分に1回の頻度で換気
受講生が多い時は、頻度を上げることもあります。

対策⑥ 空気清浄器&加湿器による湿度維持

湿度を50%以上で維持して乾燥防止

対策⑦ 抗菌作用のあるアロマ

集中力向上&抗菌作用のあるローズマリー精油を使用。